Live a Life へようこそ!

木村拓哉、人生初の公開アフレコに緊張「ちょっと恥ずかしい」

映画ニュース
スポンサーリンク

国民的アニメ『ドラえもん』の長編劇場版第40作『映画ドラえもん のび太の新恐竜』(今井一暁監督)にゲスト声優として出演する木村拓哉が2月3日、都内のスタジオで人生初となる“公開アフレコ”に臨み、「皆さんに直接見られている感覚で緊張しますね。ちょっと恥ずかしい」と照れ笑いを浮かべていた。シリーズ第1作『のび太の恐竜』とは異なるオリジナルストーリーが展開され、のび太が双子の恐竜に出会ったことから始まる大冒険を描く。木村がアニメ作品の声優を務めるのは『ハウルの動く城』『REDLINE』に続いて、10年ぶり3度目。白亜紀に存在するはずのない“猿”の姿をした謎の男・ジルに息吹を注いでいる。役作りについては「いろいろなアプローチを試みた」といい、「監督から、もっと悪い人なんだと印象付けてほしいと指示をいただいた」。ジルは恐竜のエキスパートという設定で、「自分も幼稚園の頃、頭の中に入るだけの恐竜の名前を入れていた。その部分がほんのちょっと重なる」と恐竜好きだった過去を振り返った。本作は連載開始50周年記念作でもあり、「僕ら世代は物心ついた頃から接してきた。今回のゲスト声優は、同世代からリアクションがすごく大きかったですね」と喜びの声。「僕も子どもの頃はテストが大嫌いだったから、のび太の気持ちはよくわかる」と語ったほか、「欲しい秘密道具は、ドラえもんのポケット!」とも。映画の内容にちなみ、「今後してみたい冒険は?」と問われると、「近々、ライブを控えておりますので、無事に全力で臨みたいと思います」とソロ活動への抱負を明かした。取材・文・写真:内田 涼『映画ドラえもん のび太の新恐竜』3月6日(金)全国公開

[関連情報]
映画ドラえもん のび太の新恐竜|映画情報のぴあ映画生活

スポンサーリンク
スポンサーリンク
映画ニュース
スポンサーリンク
Live a Life 日本版
タイトルとURLをコピーしました