Live a Life へようこそ!

007最新作『ノー・タイム・トゥ・ダイ』日本公開日が11月20日に決定

映画ニュース
スポンサーリンク

4月に公開が予定されながら、情勢の変化によって延期されていた『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』が、日本国内では11月20日(金)に全国公開することが決定した。本作は、MGM、ユニバーサルならびに本作のプロデューサーであるマイケル・G・ウィルソンとバーバラ・ブロッコリによる判断によって、本作の英国での公開日が、11月12日(木)、全米公開を11月25日(水)まで延期することが先日発表されていた。前作『スペクター』から5年ぶりとなる最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は、シリーズ21作目『007/カジノ・ロワイヤル』(2006年)から最新作までの5作でジェームズ・ボンドを演じ、海外ではこれが最後のボンドと報道されるダニエル・クレイグが出演、『ビースト・オブ・ノー・ネーション』(2015年)、TVシリーズ『トゥルー・ディテクティブ』のキャリー・ジョージ・フクナガが監督を務める作品。さらに『ボヘミアン・ラプソディ』(2018年)でアカデミー賞主演男優賞を受賞したラミ・マレックが悪役として抜擢され、さらにレア・セドゥ、ラシャーナ・リンチ、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリス、ジェフリー・ライト、レイフ・ファインズらキャストが出演。主題歌には、本年度のグラミー賞にて史上最年少18歳で主要4部門受賞、5冠の快挙を達成したビリー・アイリッシュが起用され、さらなる話題を呼んでいる。『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』11月20日(金)全国公開

[関連情報]
007/ノー・タイム・トゥ・ダイ|映画情報のぴあ映画生活

スポンサーリンク
スポンサーリンク
映画ニュース
スポンサーリンク
Live a Life 日本版
タイトルとURLをコピーしました